あけぼの通信

あけぼのニュース

あけぼのコラム

2014.05.01

社員が語る、薬剤師のキャリアアップ – 金子順康先輩の場合

ファイル3 金子順康先輩の場合
社員が語る、薬剤師のキャリアアップ -金子順康先輩の場合

金子順康
1986年神奈川県生まれ。大学卒業後、大手調剤薬局チェーンに入社。東北地域に配属され、3県5店舗を経験。2012年よりあけぼの薬局勤務。

- そもそも薬剤師を目指したのはどうしてですか?

金子 人から感謝されるような仕事につきたいと思ったからです。化学が得意だったので、最終的に薬剤師に決めました。

- どのようなキャリアプランを描いて就職したのですか?

金子 患者様に感謝される薬剤師になるためには、まず、医療業界を俯瞰できる広い視野を養うことが大切だと考えました。そこで、最初の就職先として、薬剤師が数千人いる上に、経営企画、財務、人事などバックヤード部門も大きい大手調剤薬局を選びました。しっかりした教育制度への期待もありましたね。

- 実際に就職されていかがでしたか?

金子 最初の1~2年は素晴らしかったですね。期待していた通り、教育システムが整っていました。わかりやすいオリジナル教材があったし、毎週のように商品名を覚えるためのテストもありました。同期が大勢いるので切磋琢磨もできる。最も刺激になったのは、社内調剤コンテストでした。

- コンテストでは、どんなことをするのですか?

金子 社内数千人の薬剤師で技能を競うのです。実は、上位を狙って密かに練習しました(笑)。その成果もあり、軟膏の部門で好成績を出し、新人ながら東北代表として全国大会まで進むことができました。最終的には全国二位の成績を修めることができました。

- 充実した毎日にも見えますが、どうして転職することにしたのですか?

金子 バックヤードや教育制度もがしっかりしている分、どの店でも同じルールで縛られていたことに不満を感じたからです。入社してから2年半で青森、岩手、山形など、いくつかの店を経験したのですが、違うのは言葉くらい(笑)。異動を繰り返した結果、むしろ他の会社の運営を知りたくなりました。大学時代の同級生が次々と転職したことも刺激になりました。でも、1番の理由は出身地の神奈川に戻りたかったこと(笑)。

- 転職先を探す上で重視したことは?

金子 管理薬剤師を経験できることです。実は、それまで、管理薬剤師は責任が重いだけの面倒な仕事と考えて、やんわりと避けていました。でも、「店」を知らなければキャリアアップが図れません。そこで、転職目標を1年後に設定し、その間、管理薬剤師として通用するための経営知識に磨きをかけました。

- 最終的にあけぼのを選んだのは、どうしてですか?

金子 管理薬剤師の裁量が大きく、いろいろなことにチャレンジできそうだと感じたからです。実際に入社すると、まず、7ヶ月にわたっていろいろな店をヘルプとして回りました。会社全体の雰囲気が分かってきたところで管理薬剤師になりました。

- 実際に管理薬剤師になられていかがですか?

金子 大変というより、非常にやりがいを感じる仕事だと分かりました。たとえば、処方箋の薬の在庫がない時。「他局から融通してもらうのか」「もう一度来てもらうのか」「他店に行ってもらうのか」…。目の前の患者様のためのベストな方法を臨機応変に考え、提案することはやりがいがあるし、患者様に喜んでいただいたときは、本当にうれしいですね。店舗のオペレーションも、自分の裁量で変更できます。調剤過誤の防止体制の甘さに気づいて、やり方を変更したこともあります。

- 今後の目標は?

金子 原点回帰。患者様はどうすれば喜ぶのかを軸に考えて仕事をしていきたいと思います。というのは、実は、患者様と顔見知りになったり、「ありがとう」「よくなったよ」などと声をかけられたりすることは、あけぼのに来て初めて体験しました。前職で経験した薬局は、いずれも大混雑の総合病院の門前だったので、薬剤師は機械のように仕事を回すだけ。患者様と顔見知りになることはおろか、声をかけられることすらありませんでした。やっと患者様と、触れ合う環境ができたので、まずは、患者様の役に立つためにどうすればいいのかをじっくり考えて仕事をしたいと思っています。独立するのか、それともエリアマネージャーを目指すのかといった将来ビジョンを具体的に考えるのは、そのあとです。

- 最後に、後輩たちにアドバイスをお願いします。

金子 すべての前提は「患者様のために」。その気持ちが中心にあれば、知識の吸収にも貪欲になるし、安全面での注意も怠りません。結果としてキャリアアップのスピードがあがるはずです。


 

 

 

 

 

 

 

前のページに戻る

 

 

LINEで送る

新卒・中途採用 迷われている薬剤師の方へ 「きっとあなたにちょうどいい」、あけぼのの採用情報はコチラです
このページの先頭へ